2010年05月30日

◆ iPad の軽量OS

 iPad の本質は何か? ── それを考えると、OS が軽量であることが、本質の一つであると思える。 

 ──

 iPad の特徴を見ると、操作性に着目する人が多い。特に、タッチパネルだ。iPhone の操作性が画期的だったので、その操作性を踏襲している点で、人々の目を引きやすいのだろう。

 一方、私は、次の二点をすでに述べた。
  ・「読む・見る・聞く」に特化している (キーボードなし)
  ・ 長時間駆動ができるモバイル機器

 ここで、後者が問題だ。長時間駆動ができるのは、どうしてか? 別に、バッテリーが巨大であるわけではなく、消費電力が少ないからだ。
 では、なぜ消費電力が少ないのか? 低消費電力の CPU なら、Windows 用のミニノートだって同様だ。iPad の特徴は、 HDD がないことだろう。つまり、SSD(フラッシュメモリドライブ)を使うことだろう。 
 単に SSD を使うだけなら、Windows でも可能だ。ただし、現状では、SSD はかなり高価だ。80GB で2万円程度。当然だが、80GB では Windows 7 や Windows Vista を使うには足りない。40GB なら 11000円程度だが、WindowsXP では 40GB でもちょっと不足となる。
 この問題を解決するには、WindowsXP よりもさらに軽い OS が必要となる。具体的には、Windows2000 ぐらいの軽さだ。WindowsXP ならば、メモリも 512 MB が必要だが、Windows2000 なら、メモリも 256 MB で済む。
 では、iPad は? メモリは 256 MB で、SSD は3通りのモデルがある( 16 GB, 32 GB, 64 GB)が、これらの量も、だいたい Windows2000 のレベルだろう。
   
 以上をまとめれば、こうだ。
 「 iPad は長時間駆動が可能だが、それは SSD を使っているからで、その理由は、OS が Windows2000 並みに軽いからだ」


 ──

 ここまで見ると、マイクロソフトとの戦略の違いがわかる。
 マイクロソフトとは、ひたすら高機能化の路線を取ってきた。そのせいで OS はどんどん肥大していった。Vista はとんでもない巨大さ。Windows 7 は、いくらか軽量化したとはいえ、しょせんは Vista のマイナーチェンジ版であり、重さはどうしようもない。WindowsXP に比べれば、ずっと重い。HDD の必要容量もずっと大きい。エアロなんていう下らない機能を搭載するために、どんどん肥大化していった。その一方、昔の WindowsCE というモバイル OS はちっとも向上させず、捨て去ってしまった。かくて、Windows の環境では、まともなモバイル機器を構築することができなくなった。

 そこへ登場したのが iPad だ。これの本質は何かと言えば、二つあるだろう。
 一つは、キーボードがないことによる、独特の操作性だ。
 もう一つは、長時間駆動による、モバイル性だ。

 ( ※ この二点は、先に述べたことと同じ。)

 ともあれ、ジョブズは、この二点を基本として、あるべき姿をとことん追い求めた。すると、SSD の使用が必然となり、同時に、軽量 OS も必然となった。また、軽量 OS は、マシンの必要要件を下げるから、価格低下をももたらした。
 そして、それと正反対の方向を取ったのが、Windows のタブレットパソコンだ。キーボードがあり、HDD があり、巨大 OS があり、価格はすごく高い。あれもこれもと機能を詰め込んだが、結果的に、モバイルとしての一番大切なものを見失ってしまった。高機能化を追究したせいで、モバイルとしての本質を見失ってしまった。

 ──

 iPad は、機能の面では、大したことはない。ワープロや表計算をバリバリ使うのには向いていない。これは、機械のハードの点からも、それだけの CPU やメモリが欠けていることからもわかる。重たいオフィスソフトを駆動するのには向いていない。
 それでも、パソコンの基本としての「ウェブブラウジング」や「メール」などは、十分すぎるほどにできる。そしてまた、携帯性という特徴から来る「電子書籍ビューアー」として使える。
 「電子書籍ビューアー」というと、人々は iPad の特徴のように思うかもしれないが、違う。単に電子書籍ビューアーとしての機能なら、普通のパソコンだって、十分にできる。ただ、普通のパソコンは、大きすぎて重たすぎて、携行できない。だから、機能はあっても、携行できないがゆえに、電子書籍ビューアーにはならない。……ここでは、機能が問題なのではなく、大きさや軽さが問題となっている。
 だから、iPad の特徴は、機能の豊かさにあるのではなくて、重量の貧しさ(軽さ)にあるのだ。 iPad は、何かがあるから優れているのではなく、何かがないから優れているのだ。……そして、その特徴をもたらした最も根源的なものは何かと言えば、軽量な OS なのである。

 私は常々、軽量な OS による軽量なモバイル機器が欲しいと思っていた。atom を使った WindowsXP のミニノートでも、まだまだ重すぎるし、バッテリーも短時間過ぎる。まったく不満であった。(ほとんどお蔵入りの状態だ。) どちらかと言えば、昔の WindowsCE の方がいいと思っていた。だから、それに似ているポメラを称賛した。とはいえ、ポメラというのは、あまりにも機能が貧弱だし、それでいて結構お金がかかる。WindowsXP のミニノートの半額よりも高い。値段が高すぎますね。
 要するに、現行のモバイルパソコンは、いずれも、帯に短し襷に長しであった。まともに使えるものは一つもなかった。そこへ登場したのが iPad だったのだ。
 こいつは、知的生産をするための普通のパソコンとしては、物足りないところが多々ある。とはいえ、知的生産以外の点(読む・見る・聞く)では、既存のパソコンに比べ、100%を上回り、150%ぐらいの機能をもつ。こうなれば、売れるのが当然だろう。

 そして、その根源は何かと言えば、モバイル機器としての使い勝手をとことん追究したことだ。そして、その実現のために、軽量 OS を用意したことだ。
 ここでは、ソフトとハードを一体化して開発するアップルの有利さが、見事に結実した。既存のハードを前提として、OS を高機能にすることしか考えられなかったマイクロソフトには、とうていできないことだった。また、ハードばかりを考えて、使い勝手のことを考えないソニーにも、やはりできないことだった。

 iPad は、ジョブズの開発した製品のなかでは、一大傑作として記憶に残るかもしれない。
 iPad は、パソコンとしてみれば、物足りないところが多すぎる。しかし、ここでは、機能よりも、モバイル性が重視されているのだ。そして、そのために軽量な OS を用意したことは、特筆されるべきことだと思う。(何しろ、アップルもマイクロソフトもリナックスも、いずれも軽量 OS という道を捨ててしまったからだ。私としては、Windows2000 見たいな軽量 OS が好きだったのだが、iPad 以外はみんな、そういう軽量 OS の道を捨ててしまっていた。)
 


 [ 付記1 ]
 iPad の OS は、iPhone の OS と同じである。もともとかなり小さい OS だった。ただしバージョンアップにともなって、パソコンみたいな機能がどんどん追加されていった。あれこれとパソコン用の機能を追加していくと、(もともと Mac OS X の系列であることから)、いつのまにか、軽量版の Mac OS X みたいな感じになってしまった。
 こういうことは、もともと狙ってやったことだとは思えない。iPhone をデカくしてやろうとして、ついでに高機能化したら、いつのまにか、モバイル用の OS として理想的なものができてしまった、というところだろう。
 とはいえ、その可能性に着目して、精力を尽くしたジョブズは、やはり慧眼である。私にもすぐには見抜けなかった。さすがだ。
  
 [ 付記2 ]
 HDD と SSD の消費電力の差は、下記からわかる。
  → 調査レポート
 圧倒的な差があることがわかる。

 [ 付記3 ]
 Windows 環境では、何とかならないか?
 SSD を搭載したミニノートもしくはノートパソコンというのは、パソコン工房などで(オプションを選ぶことで)購入できる。ただし、OS は Windows 7 であるから、16 GB で済むはずがなく、最低でも 80 GB となり、SSD の価格は HDD よりも 25000円も高くなる。また、そもそも Windows 7 という OS そのものが電力を食う。(余計なアニメーションなどのためにどんどん電気を無駄に食う。)
 WindowsXP ならば、その問題はないだろうが、残念ながら、WindowsXP は販売停止。Windows 系列は、絶望的ですね。
 唯一、残された方策は、何とかして WindowsXP のミニノートを買って、自分で HDD をはずして、SSD に換装することだ。40 GB のが 1万円とちょっと。
  → Intel SSD 40GB SATA ( 2.5インチ,S-ATA )
 これでバッテリーは長持ちするようになるが、どのくらい長持ちするかは不明。OS がもともと省電力を狙いとしていないから、限界がある。

 [ 余談 ]
 どうせなら Windows でも、似たような軽量 OS を作ってもらいたいものだ。特に、長時間駆動のために。
 iPad は、悪くはないんだが、Word 95 は使えないんですよね。Word 95 の再販売をしてほしいし、それを使える軽量 OS もほしい。iPad が出現しても、私の希望は、まだまだ満たされていない。
 ジョブズだって、私の要求水準に比べれば、まだまだ足りないんです。でもまあ、坂村健の TRON みたいな勘違いをしなかったのは、立派です。坂村健は商売が下手すぎ。経営や社長をしていたら、倒産間違いなし。  (^^);

( ※ 蛇足だが、iPad に搭載される SSD のために、市場に流通しているフラッシュメモリの3分の1が消費されてしまうことで、供給不足状態に陥るそうだ。[ 出典フラッシュメモリの価格が暴騰している理由は、ここにあったようだ。)



 【 関連項目 】

  → iPad の意義
  
posted by 管理人 at 21:09 | Comment(0) | コンピュータ_02 このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。